社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2017年06月15日

「共謀罪」法案の参院本会議採決を弾劾する(コメント)

「共謀罪」法案の参院本会議採決を弾劾する(コメント)     2017年6月15日
                                 社民党茨城県連合
                                 幹事長 飯田正美
                    
 本日、安倍政権と与党は参院法務委員会での採決を省略し、参院本会議で「共謀罪」法案の採決を強行した。
「計画」に加わるだけで処罰可能とする同法案は、実行された犯罪を処罰する日本の刑法原則を根本から覆し、日本国憲法にある国民の思想・信条の自由や表現の自由を侵害する恐れが強く、憲法違反の法案と言える。衆院での審議では、一般市民も対象になることが明らかになったほか、国連のプライバシー権に関する特別報告の書簡が安倍首相に送られ、今回の法案について、「計画」や「準備行為」の文言が抽象的であり恣意的な適用のおそれがあること、対象となる犯罪が幅広くテロリズムや組織犯罪と無関係のものを含んでいること、いかなる行為が処罰の対象となるかが不明確であり刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があることなどの指摘があり、プライバシーや表現の自由を制約するおそれがあるとの懸念が示されたままである。
同法案について、国民の不安や懸念は膨らむ一方であるにも関わらず、参院での審議入りからわずか4日間17時間50分余りで採決に踏み切るなど、民意と国会軽視の暴挙を許すことはできない。
 社民党は、衆議院の委員会の強行採決は無効であり、参院法務委員会の採決を省略した参議院本会議の採決も許されるものではない。

                                     以上

posted by 社民党茨城県連合 at 13:19| 茨城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

共謀罪廃案!安倍政権退陣を訴える! 茨城アクションを実施


 DSC_0144.JPG  社民党茨城県連合 石松代表の訴え

 本日19日、安部政権は衆議院法務委員会で、共謀罪法案の一方的な審議打ち切りを行い、強行採決を行いました。こんな暴挙を許してはなりません。これまでの審議では金田大臣の言動の混乱、答弁の矛盾点が露呈し、法案の問題点が明らかになり、十分な審議が尽くされていません。
 これ抗議し、本日夕方に水戸駅北口では、「共謀罪法案廃案!安倍政権退陣!5.19茨城アクション」(戦争をさせない茨城県1000人委員会主催)のリレートーク集会と水戸市内デモがありました。
 社民党茨城県連合からは、石松俊雄代表が挨拶し、「本日の強行採決は絶対に許せない。みんなの力で廃案にしよう」と訴え、飯田正美幹事長もシュプレヒコールを上げました。
 緊急の行動にもかかわらず、集会とデモには200人が参加しました。引き続き、社民党は市民とともに「憲法違反の共謀罪」を廃案にするため、頑張ります。
DSC_0132.JPG

DSCF0014.JPG
posted by 社民党茨城県連合 at 20:29| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

社民党茨城 第22回定期大会を開く


 茨城県連合は3月5日、水戸市内で「衆議院選挙勝利!改憲を許さず、東海第二原発の再稼働を止めよう!」をスローガンに第22回定期大会を開きました。
 挨拶で石松俊雄代表は、「安倍政権のもとで、予算は社会保障費を抑え込み、防衛費が増大している。このなかで、衆院選に勝って安倍政治を変えなければならない。全党で頑張ろう」と訴えました。
石松代表.JPG

 来賓では、連合茨城の和田浩美会長、党北関東ブロックの中島修事務局長、茨城平和擁護県民会議の鈴木博久代表、食とみどり水を守る県労農会議の会沢隆之事務局長が駆けつけ、それぞれから激励の挨拶を受け、全国連合の吉田忠智党首からもメッセージが寄せられました。

和田会長.JPG  連合茨城 和田会長挨拶

県民会議 鈴木代表.JPG  茨城平和擁護県民会議 鈴木代表挨拶

会沢事務局長.JPG 食とみどり水を守る県労農会議 会沢事務局長挨拶

 飯田正美幹事長からの2016年度の党務報告と2017年度運動方針の提起に対する発言では、東海第2原発の再稼働問題について、「東海村での署名行動の取組み」や「安全協定をめぐる状況と住民避難計画について」の発言があり、幹事長から「今年が再稼働問題の大きな山場であり、全党を挙げて再稼働反対の取り組みを強めよう」と集約されました。
 さらに、労働運動の課題では「党の高齢者福祉政策と介護職場の実態」「60歳再雇用の実態とJR常磐線の駅業務の委託問題」「非正規労働者を労働組合に組織化」など、党員の職場と地域活動から議案を補強する活発な発言後、運動方針を満場一致採択しました。
最後に、共謀罪反対と改憲阻止、衆院選勝利に全力で取り組む「大会宣言」を採択し、石松代表の団結頑張ろうで終了しました。
団結頑張ろう.JPG



posted by 社民党茨城県連合 at 11:11| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.