社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2016年05月31日

戦争法廃止の学習会を開催

DSCF0008.JPG 学習会講師 石松俊雄県連合代表

DSCF0007.JPG

  
  県連合女性委員会は5月21日、県民文化センターにおいて「戦争法廃止のための学習会」を開催し、40人が参加しました。学習会は石松俊雄県連合代表を講師に迎え、「戦争できる国づくりにはNO!」をテーマに90分行いました。
  この中では、戦後日本の安全保障政策の流れを振り返りながら安倍政権の進めてきた軍事大国化の動き、戦争法成立を批判した上で、「誰もが教育、医療が受けられる社会をつくるためには搾取、貧困、差別等の構造的暴力をなくしていかなければならない。武力では国際社会の平和はつくれない」と話し、戦争法成立に伴うリスクとして、「危険にさらされるのは戦闘地域に行く自衛隊員だけでなく、国際支援活動をしている人たちや私たちの日常生活もテロの危険が高まり危険にさらされることになる」と問題点を投げかけました。そして、「私たちは、『平和安全法制』という表面上の言葉に騙されず、正しい知識を得て反論、反撃していくことが必要である」と参加者に訴えかけました。
 学習会終了後、参加者はJR水戸駅に移動し、戦争法廃止宣伝と「戦争法廃止2000万人署名」行動を開始しましたが、大雨により短時間で終了しました。


posted by 社民党茨城県連合 at 11:53| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

牛久市・竜ケ崎市で、女性キャラバンを実施しました


13246167_609011485921811_7584282974311430135_o.jpg

女性キャラバン−1.jpg

 5月14日に、牛久市・龍ヶ崎市の地域で「女性キャラバン」を実施しました。当日は風の強い日でしたが、社民党県連合の井坂章副代表をはじめ、市議会議員が3名駆けつけ、女性キャラバン隊と一緒に市内各地でスポット演説を行いました。
井坂副代表は、「安倍政権の進める危険な政治の流れを市民の力でとめよう」と訴え、女性キャラバン隊もマイクで、「これからの若者を戦場に送らないために、戦争法を廃止しよう」、「介護職員の所得改善を行うことが利用者の安全を守ることにつながる、社会保障を充実させよう」など、自分の意見を聴衆者に訴えました。

女性キャラバン−7.jpg

スーパー前でのスポット演説では、買い物に来た男性の方に何度も「頑張ってください」と声を掛けていただいたり、別の場所では高校生のグループが「ヘイワケンポー〜」と声をあげてくれました。やはり、行動して訴えれば、市民からの反応があり、キャラバン隊の参加者たちも元気や勇気ももらえた行動でした。
女性キャラバン-10.jpg


posted by 社民党茨城県連合 at 14:19| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

水戸市内で、女性キャラバンを行いました


DSC_6340.jpg
スポット演説を行う飯田正美 水戸市議会議員
DSCF0033.JPG
女性の政策を訴える堀江恵子 水戸市議会議員
IMG_0477.JPG
女性キャラバン隊の訴え

 党女性委員会(委員長 堀江恵子 水戸市議会議員)は5月7日、水戸市内で女性キャラバン隊による街頭宣伝を実施しました。この行動は、7月に実施される参議院選挙に向けて、社民党の政策や女性の声を市民に訴えようと企画したもので、女性キャラバン隊に加え、水戸市議会議員の堀江恵子さん、飯田正美さんも弁士として参加しました。
 当日は晴天に恵まれ、参加した女性たちは、宣伝カーで移動しながら、スーパー前などでスポット演説や宣伝チラシの配布を行い、「平和とくらしを守る政治を!」の横断幕を広げてアピールしました。
演説箇所では、弁士の市議会議員に続いて、自らマイクを握り、「戦争法廃止と憲法擁護」、「労働者の雇用の安定」、「医療と社会保障の充実」などの政策課題を述べ、社民党への支持を市民に訴えました。


posted by 社民党茨城県連合 at 12:31| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.