社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2016年02月29日

社民党第15回定期全国大会開かれる

DSCF0006.JPG

 2月20、21日に東京都内で「アベ暴走政治STOP!参議院選挙に勝利し、平和憲法を守り抜こう」をスローガンに第15回定期全国大会が開かれ、今年夏の参院選勝利を柱とする向こう2年間の運動方針を決定した。
大会初日の来賓あいさつでは、前日19日に戦争法廃止法案を共同提出した民主、維新、共産、生活の各党代表が勢ぞろいし、野党共闘の進展をアピールする大会となった。また、来賓では連合本部の下田政治局長やフォーラム平和・人権・環境の福山代表、SEALDsの本間さん、評論家の佐高信さんが来賓として参加し、それぞれの立場から「安倍政治NO」の訴えと社民党への期待が寄せられた。

DSCF0017.JPG


 大会発言では、又市征治幹事長報告に対する質疑で茨城県連合の飯田正美代議員(水戸市議会議員)が、運転開始から37年が過ぎている日本原電東海第2原発の運転を20年延長する動きを批判した上で、原発立地自治体が持つ同意権を周辺自治体首長にも拡大を求める動きを社民党県連合は支持し、脱原発運動を推進する決意を報告した。

DSCF0032.JPG



posted by 社民党茨城県連合 at 18:50| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

社民党茨城県連合第19回定期大会を開催しました

DSCF4864.JPG

 社民党茨城県連合(井坂章代表)は3月2日、ひたちなか市内で「安倍政権にストップ!自治体選挙に勝利し、平和と民主主義を守ろう!」をスローガンに第19回定期大会を開き、代議員など100名が参加しました。

 県連合挨拶で井坂代表は、「安倍政権の本質が露わになり、集団的自衛権の行使を可能にし、戦争への道を進もうとしている。これと対決するためにも県連合の自治体議員の拡大、党勢拡大を全党を挙げて取り組もう」と訴えました。

 今大会には、ご来賓の連合茨城の和田浩美会長、茨城平和擁護県民会議の川口玉留会長などから激励のご挨拶を受け、全国連合からは吉田ただとも党首のメッセージが寄せられました。

 続いて、党務報告・2014年度運動方針の提起と質疑応答を行なった後、県議選や党一自治体選挙での候補者擁立と現有議席の拡大を目指すことなどを含め、運動方針を満場一致採択しました。

 最後に大会宣言を採択後、役員選出では現三役体制を再選し、井坂代表の団結頑張ろうで終了しました。


大会宣言


 茨城県連合第19回定期大会は、2012年と2013年の国政選挙で国会議員が5名になるという、政党要件の最低ラインまで落ち込んだ極めて厳しい状況の下で開かれました。17年ぶりに行われた党首選挙で選出された吉田忠智新党首が「対話続行、改革断行」を掲げ、全党一丸となった党再生を呼びかける中にあって、茨城の地でそれを担う多くの党員が結集した今大会では、選挙闘争や日常活動の実践を持ち寄り、参加者相互の活動交流を深め、大いに議論し、待ったなしの党再建への道筋を確認し合いました。

 巨大与党を基盤とした安倍政権によって、平和憲法は戦後最大の危機を迎えています。また、国民を犠牲にした「成長戦略」が、暮らしをさらに脅かしています。安倍首相の進める国家主義的かつ新保守主義の政治に歯止めをかけなければなりません。その対抗軸は、「平和・自由・平等・共生」の理念を掲げた社会民主主義の社民党であり、その力を強く、大きくしていかなければなりません。集団的自衛権の行使を許さず、平和憲法を守り、格差拡大・弱肉強食社会への道を許さない闘いを、働く人々・市民とともに展開していきます。

 今大会は、「安倍政権にストップ!自治体選挙に勝利し、平和と民主主義を守ろう!」をスローガンに掲げ、向こう1年間の運動方針を決定しました。また、今年12月の県議選や笠間市議選、そして2015年の統一自治体議員選挙勝利をめざした選挙闘争方針を確認しました。自治体議員をつくり、増やすことは党活動の集約点です。私たちは、「自治体選挙の前進なくして党の再建なし」という気構えを持ち、現有議席の確保はもちろん、空白自治体をひとつでも解消するための候補者擁立に最大限の努力を払い、県民に選択される党、勤労者・市民の信託に応え得る党へと成長し、存在感を示します。

 地域活動を支える党員は、社民党の財産であり底力です。県内では、東海第二原発の再稼働を許さず廃炉を求める闘いや、地域経済を破壊するTPP交渉参加・消費税増税反対を求める要求が強くなっています。職場では、相次ぐ賃金カットや人員削減、そして不安定な雇用と低賃金に置かれた非正規労働の増大により、当然の生活権を求める勤労者の声が高まっています。党員一人ひとりがそうした庶民の切実な思いに寄り添い、一歩前に出る行動を起こし、運動をつくり、その信頼関係を深める中から党勢拡大を果たしていこうではありませんか。茨城県連合は、一致結束して党再建・再生に邁進します。

以上、宣言します。
2014年3月2日

社会民主党茨城県連合第19回定期大会


posted by 社民党茨城県連合 at 23:34| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

水戸総支部 第17回定期大会を開催

 水戸総支部第17回定期大会.JPG

 社民党水戸総支部は21日、「平和憲法を変えさせない!党勢拡大で参院選勝利をめざそう!」のスローガンのもと、第17回定期大会を開催しました。玉造順一総支部代表は、「昨年末の総選挙の惨敗は情勢の責任ではなく、私たちの力量不足の結果であると厳しく受け止めるべきだ。護憲や脱原発、生活再生という国民が望む政策の実現を果たすために、ゼロから党を再建するつもりで、参院選を闘い抜こう」と挨拶。

 来賓として県連合の井坂章代表やOBG水戸の会の小瀬和男会長から連帯の挨拶を受けた後、市民相談や街頭行動を強化する運動方針などを飯田正美幹事長が提起しました。

 質疑では、「参議院選挙で確実に得票するためには、友人・知人に『比例区は社民党』としっかり声掛けを実行しよう」という前向きな発言や、「今後の党再生に向けて、党員どうしが率直に意見交換できる場をつくるべき」という提案など、活発な議論が交わされた上で、執行部提案の方針が満場一致で承認されました。
posted by 社民党茨城県連合 at 01:29| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
コンタクト

社民党茨城県連合では、県民の皆様からの貴重なご意見やご要望を募集しております。 [→こちらからご連絡ください]



社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。