社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2021年08月03日

オスプレイいらない!百里基地飛行訓練反対!

DSC_1819.JPG

IMG_1829.JPG
 
北関東防衛局が、本年8月以降に陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備されているV22オスプレイ複数機を航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)へ飛来させ、離着陸訓練等を行うことが明らかになった。

この動きに対し、百里基地反対連絡協議会(百里連協)の8団体が対応を協議し、百里連協としてオスプレイ反対の運動を強めることを確認した。
 7月29日には、百里基地正門前で「オスプレイいらない 百里基地抗議集会」が開かれ、約80人が参加した。

IMG_1847.JPG
   飛行訓練の中止を訴える 社民党県連合 井坂

 集会は、岸信夫防衛大臣らに宛てた申入れ文書(@百里連協申入れ、Aオスプレイの飛行訓練に反対する東日本連絡会の5団体連名)を基地側に提出した。各団体が挨拶で、百里基地反対同盟の梅沢優さんは、「訓練は新聞報道で知らされ、地元住民には説明もなく、不安の声が高まっている」と話し、訓練を中止すべきだと訴えた。茨城平和擁護県民会議の鈴木博久代表は、「私たちの要求はただ一つオスプレイの訓練をやめることだ」と抗議。各政党では、社民党県連合井坂代表が「危険な飛行訓練は直ちに中止すべきだ」と訴えたほか、共産党、新社会党の代表も挨拶をした。

集会終了後、百里連協の代表者は基地周辺5市町(小美玉市、茨城町、鉾田市、行方市、かすみがうら市)を訪問し、欠陥機オスプレイの墜落事故の危険性を訴え、訓練中止の声を上げるよう要請書を提出した。


posted by 社民党茨城県連合 at 17:21| 茨城 ☀| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
コンタクト

社民党茨城県連合では、県民の皆様からの貴重なご意見やご要望を募集しております。 [→こちらからご連絡ください]



社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.