社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2018年02月06日

社民党茨城「2018旗開き・新春のつどい」を開く


県連合(石松俊雄代表)は1月28日、水戸市内において、「2018年旗開き・新春講演会」を開催し、120人が参加しました。

DSCF0021.JPG 石松代表挨拶

 第1部の新春講演会は、井坂章副代表の司会開会あいさつで始まり、主催者を代表して石松代表は、「安倍政権の次の狙いである憲法改悪や東海第二原発の再稼働に反対していく。12月の県議選では玉造順一氏を公認候補に擁立して闘う。ご支援をお願いしたい」と参加者に訴えました。
 続いて、「9条改憲阻止に向けた私たちの課題」と題して、次期党全国大会で新党首となる又市征治幹事長から講演を受けました。
DSCF0024.JPG 講演する又市幹事長

 このなかで又市幹事長は、安倍政治の5年間を振り返って、「立憲主義・平和主義・民主主義を踏みにじる暴走政治だ」と批判した上で、「安倍政権は国民多数の支持を得ていない」と暴走を止めるための野党共闘の重要性を述べました。
 さらに、「安倍政権が防衛予算を拡大して軍備増強を進め、9条改憲を加速化させている」「安倍改憲の『自衛隊の明記』の狙いは、戦争できる国づくりであり、絶対にそれは止めなければいけない」と訴えました。
第2部の旗開き・懇親会では、来賓として駆けつけていただいた連合茨城・内山裕会長、茨城平和擁護県民会議・鈴木博久代表からの挨拶や県議選や自治体議員中間選挙をたたかう新人予定候補の決意表明もされました。

DSCF0040.JPG 連合茨城 内山裕会長からの挨拶

DSCF0044.JPG 茨城平和擁護県民会議 鈴木代表からの挨拶




posted by 社民党茨城県連合 at 17:40| 茨城 ☀| Comment(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.