社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2017年12月09日

東海第2原発なくても大丈夫! 吉原毅さん講演会が開かれる

IMG_0202.JPG 演題「原発ゼロで日本経済は再生する」
IMG_0209.JPG 大好評だった吉原毅さんの講演 (もっと話を聞きたかったの声が多数ありました)

  東海第二原発の再稼働・20年運転延長に反対する市民団体・原発いらない茨城アクション実行委員会は、8月26日の東海村での「東海第二原発20年運転延長を許すな!人間の鎖」に続き、第2段の取組みとして、11月19日に「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」会長の吉原毅さん(城南信用金庫相談役)を招き、東海文化センターホールで講演会を開催し、350人が参加しました。
 「原発ゼロでも日本経済は再生する」と題した講演で、吉原さんは「福島第一原発事故を契機に世界は、原発からの撤退を進めて自然エネルギーが大きく発展し、巨大な産業として確立している」と指摘し、一方、日本は「自然エネルギー政策に乗り遅れ、いまだ原発政策を止めず、事故を忘れようとしている」と批判し、その原因が「方向転換できない官僚主義や目先の利益を優先する企業、地位とカネにしがみつく「サラリーマン化」した人々と、生きる目的や正しさを見失い、誰もが損得だけで動いてしまう「大衆社会化」が日本の抱える大きな問題と指摘しました。その上で、日本は太陽光・風力・地熱など、どの地域でも特色のある自然エネルギー開発で地方経済も自立・発展できることを訴えました。

IMG_0214.JPG 東海第2原発の危険性を訴える 大石光伸さん

IMG_0217.JPG 再稼働反対を訴える 玉造順一さん


 続いて、「東海第2原発の危険性」(運転差止訴訟団共同代表の大石光伸さん)、「東海第2原発の再稼働をさせないために」(原電茨城抗議アクションの玉造順一さん)からの2つの報告を受けた後、参加者は東海駅までの約2キロをデモ行進し、村民にアピールしました。

IMG_0235.JPG




posted by 社民党茨城県連合 at 21:38| 茨城 ☀| Comment(0) | 茨城平和擁護県民会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
コンタクト

社民党茨城県連合では、県民の皆様からの貴重なご意見やご要望を募集しております。 [→こちらからご連絡ください]



社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.