社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2017年06月17日

共謀罪の強行成立に抗議! 加計問題の徹底究明を求め、250人集まる


「共謀罪の強行成立に抗議し、森友・加計問題の徹底究明を求める6・16茨城アクション」を実施
 

DSCF0001.JPG

DSCF0029.JPG プラカードを上げて抗議!

DSCF0022.JPG
 戦争をさせない茨城県1000人委員会は6月16日、「共謀罪廃案を求める茨城アクション」を計画しましたが、前日15日の参議院本会議で法案の採決が強行されたため、急きょ行動名称を「共謀罪の強行成立に抗議し、森友・加計学園問題の徹底究明を求める6・16茨城アクション」に変更し、約250人が参加しました。

DSCF0003.JPG 市川紀行さんからの訴え
DSCF0006.JPG 先崎千尋さんからの訴え
DSCF0012.JPG 社民党 石松俊雄代表の訴え
DSCF0014.JPG 新社会党 金子和雄委員長の訴え

 水戸駅北口で開いた宣伝行動・リレートークでは、県1000人委員会の世話人代表の市川紀行さん(元美浦村長)や先崎千尋さん(元瓜連町長)があいさつに立ち、口々に共謀罪法の危険性を訴えました。政党の訴えでは、社民党、新社会党、民進党からは藤田幸久参議院議員秘書が行いました。社民党の石松俊雄県連合代表は、「共謀罪を強行採決し、加計学園問題の質疑を1日だけ行い、幕引きを図ることは許せない。今後も共謀罪廃止と加計疑惑の徹底究明を求めていこう」」と参加者に訴えました。
 続いて、茨城平和擁護県民会議の鈴木博久代表など、平和団体からの訴えを行いました。終了後、参加者は約1キロのデモ行進に移り、「共謀罪は憲法違反」「監視社会をつくるな」などコールし、今後も行動を強めることを確認し、終了しました。
DSC_0145.JPG



posted by 社民党茨城県連合 at 14:25| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.