社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2016年12月06日

指定廃棄物問題の勉強会を開く


DSCF0002.JPG 井坂章副代表から挨拶

  社民党茨城県連合(石松俊雄代表)と党自治体議員団会議は、11月29日に県市町村会館民会議室において、「指定廃棄物問題についての勉強会」を開催しました。
 この勉強会は、東京電力福島第一原発事故で発生した高濃度の放射性物質(1キロ当たり8000ベクレルを超えるもの)を含む「指定廃棄物」が茨城県内14市町に分散保管されており、今後この問題がどうなっていくのか、市民の関心も強くあるため、開催することになりました。
 勉強会は、菅谷毅(鹿嶋市議会議員)の司会進行で始まり、主催者を代表して井坂章県連合副代表からの挨拶後、県生活環境部廃棄物対策課・技佐の江幡一弘さんから「指定廃棄物の現状と課題」と題して、講演を受けました。
 この中では、「県内の指定廃棄物は、焼却灰、飛灰が大半で14市町の15か所にフレコンバックに入れて一時保管されている状況。放射性物質の半減期の経過年数に伴い、指定廃棄物は当初の3643トンから今は8000ベクレルを超えるのは1030トンほどに減ったとみられるが、環境省が放射線量を再測定し、発表する。茨城県では、今年2月に指定廃棄物を保管している14市町長会議で、現地保管を継続し、段階的に処理を進める方針を決定し、今後は指定廃棄物の指定解除や最終的な処理先(既存の処分場)の問題などの課題はこれからになる」と述べました。
 続いて、質疑応答では「保管状態の問題で、洩れは無いのか」「指定解除されたものを土木工事などで利用するのは問題があるのではないか」「再測定は全部を調べるのか」などが出され、「県では現地の保管状況を定期点検し、劣化した防水シートなどは交換している」「再測定はすべてではなく、抽出検査となる」という補足説明もありました。
 限られた時間でしたが、今回の勉強会は有意義なものでした。社民党県連合は、引き続き指定廃棄物(高濃度放射能汚染廃棄物)の保管状況や指定解除後の問題についても取り組みを強めていきます。



posted by 社民党茨城県連合 at 18:22| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体議員団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444656039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
コンタクト

社民党茨城県連合では、県民の皆様からの貴重なご意見やご要望を募集しております。 [→こちらからご連絡ください]



社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.