社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2016年09月30日

JCO臨界事故17周年集会のご案内


CIMG0259.JPG 昨年のJCO集会

 1999年9月30日に東海村で起きたJCO臨界事故。あの日から17年が経ちます。
事故から6年目に入っている福島の今はどうでしょうか。避難者への賠償や保証打ち切り、震災関連死の増加、「県民健康調査」で子どもたちの甲状腺がんの増加、進まない除染廃棄物の処理、困難を極める廃炉作業など、数多くの困難と課題を抱えています。
 このなかで、原子力規制委員会での「安全」のお墨付きをもとに、安倍政権は各地で危険な再稼働させていることを許すことができません。東海第2原発の再稼働の動きでは、8月23日に原子力規制委員会が新基準適合性審査による現地調査があり、「審査は中盤」に入ったことを明らかにしました。
 フクシマを忘れ、JCO臨界事故を風化させることは、新たな原子力災害を繰り返すことにもつながりかねません。東海村から脱原発の声をあげるため、本年もJCO臨界事故17周年集会を開きます。

 集会名: JCO臨界事故17周年集会  福島を忘れず、止めよう再稼働!
 と き: 10月2日(日) 開会13:00〜15:40
 ところ: 東海村・石神コミュニティセンター 住所:東海村石神内宿1609 TEL. 029-283-2868
 *交通/JR東海駅から徒歩30分。車では5分。
 内 容: 講演 佐藤和良さん 「フクシマの今、原発事故から6年目を迎えて」
        プロフィール:1953年福島県楢葉町生まれ。1988年から脱原発福島ネットワーク
        に参加。福島原発告訴団・副団長、福島原発刑事訴訟支援団・団長、いわき市議
      特別報告:原発避難者、東海第2再稼働反対の訴えなど 
       *終了後、デモ行進 14:50〜15:40(会場〜JR東海駅 2.3キロ)

 主催団体: 茨城平和擁護県民会議/臨界事故を語り継ぐ会/原水爆禁止日本国民会議/原子力資料情報室/ 反原子力茨城共同行動/ 東海第2原発差止訴訟訴訟団

 問い合わせ先: 茨城平和擁護県民会議 п@029-221-6811



posted by 社民党茨城県連合 at 13:07| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城平和擁護県民会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.