社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2016年08月03日

反核平和の火リレーが水戸市役所に到着

DSCF0001.JPG 市役所にランナー到着

DSCF0006.JPG  市長への要請書を手渡し


 広島平和公園の「平和の灯」を手にし、「語りつごう、走り続けよう、ヒロシマ・ナガサキ・オキナワの心を」をスローガンにした茨城県反核平和の火リレーのランナーが、8月3日水戸市役所にゴールしました。
 このリレーは、労働組合の青年女性たちでつくる県平和友好祭実行委員会の主催によるもので、茨城県では、チェルノブイリ原発事故が起きた1986年に開始され、今年で第30回を迎えました。
今年は7月19日に県庁を出発し、核兵器廃絶・脱原発・戦争反対を訴えながら、県内44全市町村の約800キロを約2週間をかけて、約1000人の青年・女性のランナーで走りつなぎました。
 水戸市役所には、高橋靖・水戸市長をはじめ、約80人が出迎えるなかで、青年たち6人のランナーが到着しました。
 到着式では、実行委員会から市長への要請書を手渡した後、高橋市長は、「戦争体験の語り部の話を聞く機会が少なくなっているなかで、皆さんのこのような取り組みは重要。水戸市でも広島に平和大使を12人送り、水戸市から反核平和の火を消さないようにしていきたい」とあいさつしました。

DSCF0008.JPG  高橋靖 水戸市長

 続いて、飯田正美・水戸市議会議員、水戸市職・根本知明委員長、茨城平和擁護県民会議・鈴木博久代表、茨城県原爆被爆者協議会・茂木貞夫事務局長があいさつをしました。
DSCF0009.JPG  飯田正美 社民党水戸市議

DSCF0015.JPG  平和擁護県民会議 鈴木代表

DSCF0019.JPG 県原爆被爆者協議会 茂木貞夫さん
 茂木さんは、「被爆者も高齢化が進んでいるなかで、今年も語り部をやってきました」と話しました。

 水戸市役所に到着したランナーでは、青年たちといっしょに72歳の市民の方が走りました。その方は、「自分は戦争で父親を亡くし、父の顔を見ていない。戦争はあってほしくないという思いから参加しました」と話していました。
 いま、被爆体験の生き証人であるヒバクシャは、平均年齢も80歳を超え、戦争の悲惨さを知っている高齢者たちが少なくなっています。
 そのなかで、国政では戦争の被害と加害の歴史を忘れた戦争法の成立が強行され、憲法改悪の危機も迫っている状況です。
 戦争を知っている高齢者たちの「二度と戦争を繰り返してはいけない」という思いを多くの若者に伝え、平和運動の継承が求められています。




posted by 社民党茨城県連合 at 20:15| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
コンタクト

社民党茨城県連合では、県民の皆様からの貴重なご意見やご要望を募集しております。 [→こちらからご連絡ください]



社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。