社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2016年07月07日

改憲勢力3分の2を許すな! 比例区は護憲政党の社民党へ


本日の朝日新聞などは、「改憲4党3分の2に迫る」などの見出しで、参院選終盤情勢を報道し、社民党については、「改選2議席の維持が微妙な情勢」と報道がされました。
水戸の比例区選挙事務所には、「吉田ただとも党首、福島みずほさんに、是非当選してほしい」「2議席は大丈夫なの」という心配と激励のお電話も入りました。

face01[1].png 比例区は「福島みずほ」へ

17[2].jpg 比例区は「吉田ただとも」へ

 選挙後、改憲勢力の4党(自民、公明、おおさか維新、日本のこころ)が大勝すれば、平和憲法の危機につながっていくことは確実です。国会論戦で、護憲の立場でしっかりと主張できる政党である社民党の議席が必要です。日本の歴史を戦争への道にもどしてはなりません。
 何としても、比例区選挙で2議席を当選させるためには社民党得票目標である全国250万票を獲得していかなければなりません。そのために茨城県連合も市民への訴えを強めて、頑張ります。

 本日も宣伝カーが県南地域の土浦市・つくば市などを回り、自治体議員が「比例区は護憲政党の社民党へ」の訴えとアピールを行い、市民から「頑張れ」の声援も沢山いただいています。


2016.7.7-2.JPG  スポット演説で社民党への支持を訴える

2016.7.7-4.JPG  マイクは菅谷毅さん(鹿嶋市議)

2016.7.7-8.JPG

 明日は、県南の取手市、守谷市、牛久市、稲敷市などを重点的に回り、スポット演説と宣伝行動を行います。稲敷市は、社民党比例区候補者の椎野隆(しいのたかし)さん(茨城県連合常任幹事)の地元地域でもあり、本人の街頭演説も行います。市民の皆さん、「比例区は社民党へ」の宣伝車を見かけたら、是非応援して下さい。



posted by 社民党茨城県連合 at 18:53| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
コンタクト

社民党茨城県連合では、県民の皆様からの貴重なご意見やご要望を募集しております。 [→こちらからご連絡ください]



社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.