社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2016年05月31日

戦争法廃止の学習会を開催

DSCF0008.JPG 学習会講師 石松俊雄県連合代表

DSCF0007.JPG

  
  県連合女性委員会は5月21日、県民文化センターにおいて「戦争法廃止のための学習会」を開催し、40人が参加しました。学習会は石松俊雄県連合代表を講師に迎え、「戦争できる国づくりにはNO!」をテーマに90分行いました。
  この中では、戦後日本の安全保障政策の流れを振り返りながら安倍政権の進めてきた軍事大国化の動き、戦争法成立を批判した上で、「誰もが教育、医療が受けられる社会をつくるためには搾取、貧困、差別等の構造的暴力をなくしていかなければならない。武力では国際社会の平和はつくれない」と話し、戦争法成立に伴うリスクとして、「危険にさらされるのは戦闘地域に行く自衛隊員だけでなく、国際支援活動をしている人たちや私たちの日常生活もテロの危険が高まり危険にさらされることになる」と問題点を投げかけました。そして、「私たちは、『平和安全法制』という表面上の言葉に騙されず、正しい知識を得て反論、反撃していくことが必要である」と参加者に訴えかけました。
 学習会終了後、参加者はJR水戸駅に移動し、戦争法廃止宣伝と「戦争法廃止2000万人署名」行動を開始しましたが、大雨により短時間で終了しました。




posted by 社民党茨城県連合 at 11:53| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
コンタクト

社民党茨城県連合では、県民の皆様からの貴重なご意見やご要望を募集しております。 [→こちらからご連絡ください]



社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。