社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2021年10月19日

命と人権を守る政治に

 衆院選の公示日にあたり、社民党の談話を出しました。

   わが党かく戦う

 コロナ禍で真っ先に解雇されたのが非正規労働者であり、非正規・貧困社会からの脱却は政治の責任だ。自公政権は、軍事費増額の一方で75歳以上の医療費窓口2割負担等の社会保障費削減を押し進め、今こそ命と人権と暮らしを守る政治に変える選挙だ。社民党は、生存のための政権交代を目標に選挙区は反自民の1票と比例区は社民党への支持を訴える。

2021年10月19日
社会民主党茨城県連合
代表 井坂 章

posted by 社民党茨城県連合 at 15:34| 茨城 ☁| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月15日

「強権による忖度と腐敗の政治」を変えよう

 *昨日、談話を出しました。


衆議院解散をうけて (談話)

                     2021年10月14日
                     社民党茨城県連合 代表 井坂章

本日、衆議院が解散した。自民党の派閥争いのなかで岸田政権が発足したが、この政権は安倍・菅政権の中であった数々の疑惑の解明は行わないという。これでは、本質的には何も変わらない自民党政治の継承である。
社民党は、自公政権下の特色である「強権による忖度と腐敗の政治」を変え、コロナ禍で問われている「国民の命を守る政治」への転換を図らなければいけないと考えます。総選挙を全力で闘う決意です。

posted by 社民党茨城県連合 at 12:10| 茨城 ☀| Comment(0) | 談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

岸田内閣の発足にあたって(談話)

岸田内閣の発足にあたって(談話)
                            2021年10月5日
社民党茨城県連合
代表 井坂 章

昨日、岸田内閣が発足した。閣僚人事の顔ぶれを見ると安倍・菅政権を支えた派閥政治の継承であり、迫る総選挙を前に支持率が落ちた菅政権では勝てないと新総理を誕生させた演出政治と言える。
社民党は、安倍・菅政権下での政治不信につながってきた森友・加計学園、桜を見る会、河井夫妻の選挙不明金問題など、数々の疑惑についての踏み込んだ解明が必要と考える。
安倍・菅政権下の特色である「強権による忖度と腐敗の政治」を変え、コロナ禍で問われている「国民の命を守る政治」へ転換していかなければならない。また、原発再稼働の推進や事故に伴うトリチウム等の汚染水の海洋放出には国民の多くが反対である。
 長く続いた自公政権から政策の対抗軸を鮮明にし、来たる衆院選で立憲野党の候補者の勝利が求められている。

                                   以上
posted by 社民党茨城県連合 at 10:22| 茨城 🌁| Comment(0) | 談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
タグクラウド
コンタクト

社民党茨城県連合では、県民の皆様からの貴重なご意見やご要望を募集しております。 [→こちらからご連絡ください]



社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.