社民党茨城県連合 復旧、復興、脱原発。平和憲法を守り、だれもが安心できる福祉社会をめざします。

ニュース News

ニュース

2017年09月26日

安倍首相の臨時国会冒頭解散を許さない(談話)

                              2017年9月26日
社民党茨城県連合 幹事長 飯田正美
 
 昨日、安倍晋三首相は28日に召集される臨時国会冒頭で衆院を解散する意向を表明した。
野党が「森友学園・加計学園問題」等で求めてきた臨時国会召集要求を無視し、8月の第3次安倍改造内閣では、「仕事人内閣」と標榜しながら、所信表明演説や代表質問、各大臣の所信や質疑なども行わず、国民に一切の説明もしないまま解散するというのは、まさに国民に対する疑惑隠し解散である。
結局、首相が繰り返した国民への「丁寧な説明」は無く、安倍首相が行った国連での北朝鮮の核・ミサイル問題での緊迫した情勢を演説したにもかかわらず、まったく国会論戦を行わないというのは許されないものである。思いつきのように、消費税増税分の使途の変更を国民に問うといいながら国会での議論は行わず、「今なら勝てる」と総選挙に打って出るというやり方は、安倍政権の政権延命のための解散であり、究極の政治権力の私物化・濫用であり、断じて許してはならない。
社民党は、アベ政治の暴走を止めるため、野党とも連携しながら改憲と消費増税に反対を訴え、総選挙を闘う考えである。
                          
                                   以上

posted by 社民党茨城県連合 at 10:48| 茨城 ☀| Comment(0) | 談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


社民党茨城県連合 Copyright(c)2006 Social Democratic Party IBARAKI. All rights reserved.